オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
タイプライター

art-postheaderオフセット

仕上がり状態にこだわりぬいてキレイな印刷にしたい場合は、オフセット印刷が最適です。
オフセット印刷では、デザインを彫り込んだ印刷版を使用します。
印刷版に彫り込まれた溝部分にインクを流し込むことによって、シリコン製のパットなどにデザインを写します。
デザインを写しとったパットを、印刷するクリアファイルの面にあてて転写します。
写真のようなフルカラーでの印刷にも対応している方法で、細かい箇所まで充分な仕上がりになります。
印刷面を余すことなく印刷を行なうことが可能で、裏表どちらの面も自由にデザインすることが可能となります。

オフセット印刷は、写真のように細かくデザインの表現が必要な場合に最適です。
制作コストがかかったとしても、キレイな仕上がりを考えている場合などにも最適です。
キレイな仕上がりを実現するためには制作期間がかかりますので、納期に余裕を持ちたい場合などには適しています。
製作コストに関しては、制作枚数が多い場合はそこまで割高というわけでもありません。
完成度の高い仕上がりとなるため、ノベルティとしてかなり喜ばれるひと品となります。

印刷工場を見学

art-postheader印刷方法について

ノベルティとして最適なクリアファイルをオリジナルで作成する場合、いくつかの印刷方法があります。
シンプルなデザインで小ロット作成の場合は、シルクスクリーン印刷という方法が効果的となります。
シルクスクリーン印刷はほかにもTシャツ作成などの際に使用されている方法になります。

どのような印刷方法かというと、シルクを使用して作成した網目状の板を使用します。
その板にオリジナルのデザインの通り穴を開けて、穴にインクを垂らすことによって印刷を行います。
使用できるインクの種類は数多く、グラデーションや重ね塗りなどの表現も可能となります。
印刷できる面もクリアファイル全体になるので、ファイルいっぱいのデザインを行なう場合には最適な方法となります。
シルクスクリーン印刷が最適な人の条件としては以下のものが挙げられます。
低コストだけれどハッキリとカラフルな色にこだわりたいという場合。
シンプルなオリジナルデザインをファイル全体に印刷したいという場合。
納期に時間がかかってしまうため、入稿から仕上がりまでの期間に余裕が持てる場合。
小ロット数での作成を考えている場合などになります。

次に箔押し印刷という方法は、ポイント的にスタンプを押すようなイメージとなります。
箔押しという名称のとおり、金や銀などのメタリックなインクを使用することが多くあります。
メタリックなポイント印刷によって、高級感のある仕上がりを実現できます。
また、ポイント的に印刷を行なうことによって作成コストがかなり軽減されます。
箔押し印刷を選択することで最適な条件としては以下の条件が挙げられます。
大量制作でコストをできる限り抑えたい場合。
大きなデザインでなく、ポイント的な印刷を行なう場合。
インクカラーに特にこだわりがあるわけではない場合。
一週間以内での短納期制作を希望している場合などが条件に挙げられます。